タカラ塗料のブログ

DIYモールディングをトリマーで作っていきます

ワーキングスペースクリエイターのオオウラです。

前回の続き、DIYトリマーでモールディングを作っていきます。

サンプルはこちら。

dsc00377-1

サンプルと同じような溝をトリマーで彫っていきます。

本番の材を削る前に、必ず、捨て材(予備や端材で)に試し堀をしましょう。

 

dsc00380

 

溝の深さもこれでいいかな?

微調整で全く印象も変わりますからね、大事なエントランスの看板なので慎重に調整していきます。

dsc00381-1

木材にトリマーのプレートが安定して乗っているのかも重要です。

このように右の木材の幅は4㎝。トリマーのプレートが少し不安定、ぐらぐらするな、と感じたならば、同じ高さの木材を用意して、トリマーのプレートが安定するようにしましょう!

 

dsc00382-1

ゆっくり、トリマーを押し進めていきます。

そして!トリマーのビットで注意点が!

*トリマーで一度に彫れる深さは4ミリまでです。

それ以上一度に掘削しますと、摩擦がかかり、木材が焦げたり、ビットの刃の消耗や事故にもつながりますので、一度に深く削りたくても、安全のために分割して削りましょう!

 

家具製作技能士でもあるオオウラのトリマー豆知識でした^^

 

続く!

 

モールディング材作り盛り盛りメイン看板DIY

タカラ塗料ワーキングスペースクリエイターオオウラです。

外観工事もいよいよ塗装段階に入るということで、わたしも、制作任務に入っていきます!

こちら、外観に取り付ける、エントランスの頭上に取りつくはず?の看板作りのサンプルです。

dsc00377-1 dsc00378-1

 

横から見たら、こんな作りになっています。

 

このサンプルはほんの一部で、実際はもっと長さのあるものになります!

こちらの材木に、トリマーでモールディングを作っていきます。

社長は、モールディングが好きなんです^^

 

dsc00379

 

モールディングが自分で作れるのなら、作ってみたいな、とお考えのあなたの役に立つブログを書いていきますね!

 

続く。。。

 

お気に入りのお弁当屋が炎上!

当店は西成区南津守という西成区でもごく南西部の住之江区の近くにあります。

近くにはコーナン南津守店という大きなホームセンターがあり、その敷地内にマクドナルド、ゲームセンターやスーパーなどが一緒にあります。

その中でも満腹リッチという焼肉屋さんがあり、その店舗の前に小さなプレハブ小屋で焼肉弁当を販売しているのです。

 

その焼肉弁当がとてもおいしく、お昼休みには近隣の工場などの作業着を着こなしたおじさまたちが集いまして、600円ちょっとで舌鼓を打ちます。

敷き詰められたアツアツご飯の上に炭火で焼かれてタレが絡まった肉がおかれたシンプルなものなのですが、そのタレがおいしくてペース配分を間違えるとタレだけでご飯を食べてしまって肉が余るという本末転倒弁当です。

 

たまに愛妻弁当を忘れた日にその焼肉弁当を食べるのですが、たまの楽しみとして大変重宝しておりました。

 

そんな焼肉弁当屋が本日、焼失しました・・・

 

2016-10-21-10-41-27

2016-10-21-10-44-47 2016-10-21-10-44-14 2016-10-21-10-43-07

現在店舗改装中のためコーナンの駐車場に車を止めに行っているのですが、この近さでの火事でびっくりしました。

始め見たときはまだ消防車も来ていない段階でした。

すごい火が出ていました・・・

幸いけが人はいなさそうでした。

 

お店の方は大変かと思いますが、また再開されることを願っております。

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram