タカラ塗料のブログ

大雨の影響によるお荷物のお届けについて

大雨の影響により、被害に遭われた地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

今回の大雨やそれにともなう河川の氾濫などの影響により、九州地方を中心に一部地域での集荷・配送の停止や遅延が発生する場合がございます。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど何とぞよろしくお願い申し上げます。

また非常時の当方の発送につきましては、配達業務を行っている配達業者に振り分けてできるだけ出荷できるよう心がけております。
状況は刻一刻とかわりますので、詳細につきましては各配送会社のホームページをご参照ください。
 
 
下記取り扱い配達業者のホームページはこちら

佐川急便 >>
ヤマト運輸 >>


当店ショッピングサイトへ戻る

新型コロナウイルス感染拡大防止対策について


店頭でのご相談に関しまして、お客様およびスタッフの健康と安全面を第一に考慮し、またお客様に安心してご来店いただけるよう店内での感染予防対策を行っております。

・1組ずつの接客とさせていただいておりますので、お待ちいただく場合がございます。
・マスクの着用をお願いします。(もしお持ちでない方は50円での販売も行っております)
・ご入店時は店頭のアルコールにて手の消毒をお願いします。
・発熱や咳の症状がある方は入店をご遠慮ください。

また現在、最少人数のスタッフで店舗運営しております。11:30-14:30の間は特に電話が繋がりにくい状態になりますので、メールでのお問い合わせをお願いいたします。
尚、オンラインストアでのご注文、出荷は通常通り行っております。

タカラ塗料流ツートンカラーの塗り方

タカラ塗料流ツートンカラーの塗り方を説明させていただきます。

ツートンカラーの組み合わせの選び方

当店の提案色カラーの組み合わせだけでもかなりの組み合わせができてしまい、大変難しいのがツートンカラーの組み合わせです。
選ばれる際は色見本をご購入いただいて実際に手元で検討いただいたり、お客様の塗装事例を見て検討いただく方法をご用意しております。

また当店のおすすめの組み合わせというのもご提案しております。
詳しくはこちらのページに記載がありますのでご参考にお願いします。
http://brush-carpaint.com/?pid=149095527

 

色分けの位置の決め方

位置の決め方ですが、これは特にこうすればいいという方法もなく「適当」に決めるのが正解のようです。
ただ色の組み合わせも難しいのですが、色の配分もイメージを左右します。
1対1ぐらいの配分だとかっこよく感じない場合でも、配分を変えるとすっきりする場合もあります。
こちらはやはりやってみないとわからないところがありますので、やってダメならやり直してみる、というのもありです。
それができるのが刷毛やローラーで自分で全塗装できる良さですね。

塗料の量の決め方

位置が決まれば塗料の量を決定しなければいけません。
その方法は大体ざっくりで面積(㎡)で計算します。

例えば軽自動車のルーフとボディを塗り分ける場合
全長3.4m 全幅1.5m 全高1.5m とします。

この場合まず下のほうの色は
前面1.5m×0.8m + 背面1.5m×0.8m + 側面3.4m×0.8m×2面
= 7.84㎡

上の部分は窓が多い前面、背面、側面はないものとして、
上面1.5m×3.4m
= 5.1㎡
とします。

大体ですが3㎡あたり1㎏の塗料がいるので、
下の色 7.84㎡÷3 = 約2.61kgとなりますので
3㎏

上の色 5.1㎡÷3 = 約1.7kgとなりますので
2kg
必要となります。

ただこちらはあくまで目安となりまして、通常でしたら上記の量だと少し多めになります。
お客様の塗り方や、下地の色が濃くて塗る色が薄い、または透けやすい黄色や赤系の場合など上記より少し多めに必要な場合があります。
当店の提案色の中ではドライドプラムレッドとマットホワイトが透けやすく、上記より1.5倍~2倍必要になる場合があります。

マスキングテープの貼り方

マスキングテープは塗料がはみ出さないようにしっかりと指で押さえて貼っていきます。


位置を決めるのも基準となる部分から何センチ上とか下とかの基準を決めて左右対称になるようにマスキングテープを貼っていきます。
写真では木の棒を基準にして合わせています(笑)

塗る順番

塗る順番は基本的には色のうすい、白い、透けやすいほうをベースに塗ります。
その後濃い、色がのりやすい色を重ねると塗りやすいです。
ただ写真のように垂らしてしまうと修正が面倒なのですが、その修正も刷毛やローラー塗っていると簡単なのであまり神経質になる必要はありません。

マスキングテープを貼った部分の塗り方

マスキングテープを貼ってしまえばあとは塗るだけなのですが、塗る際には念のためマスキングテープ側から色を付けようとしている側に刷毛やローラーを動かして塗ってください。
または刷毛やローラーで垂直に叩きながら塗るのも正解です。

マスキングテープをはがすタイミング

マスキングテープは塗り終わったらすぐにはがしだしてください。

ツートンの境目の塗装の段が気になる

この方法で仕上げとすると、指で触ったらわかるほどの塗装の膜の段ができてしまいます。
これはどうすることもできないので、そのままにするしかありません。

艶有で吹付で塗装する場合は最後にクリアで仕上げるのでその際に段を消すことはできるのですが、艶消しで仕上げる場合はクリアを塗らないので段を消すことができないのです。
クリアを塗らない理由はこちら
http://brush-carpaint.com/?mode=f13

ただそのままでもそこから剥がれたり、汚れがたまったりすることはありません。

少し難易度は上がりますが他にはない一台になりますので、ぜひチャレンジしてみてください!

1 / 21612345...102030...最後 »

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

instagram