タカラ塗料のブログ

扇風機の塗り方のコツ

スタッフオオウラです^^

夏までに!家電製品をおしゃれに変身作戦!

扇風機を塗り替えています。

20160524_070834000_iOS

タカラ塗料のオリジナル色「ファニチャーブラウン」を塗りました^^

かっこいい~!!

 

 

20160526_081538000_iOS

 

この通り、どこにもない扇風機になりました^^

 

さ、あなた色の扇風機を、今年は塗ってみませんか??

 

 

 

 

 

木部以外への塗装には必ず下地材を塗りましょう

スタッフオオウラです^^

「木部以外への塗装には下地処理が必須です」

それは塗料が浸透しないからです。乾いてもすぐに剥がれ落ちてきてしまいます。(良く触る部分は特に)

前回の扇風機を塗り替えるお話しの続きですが、ペーパー磨きの次は下地材「非鉄バインダー」を塗ります。

「非鉄バインダー」は塗料の接着を良くしてくれます。そして落ちにくくなり長持ちします。

20160524_054602000_iOS

スイッチ部分もペーパーで磨いておきます。

20160524_064700000_iOS

プロペラに非鉄バインダーを塗った後デス。

薄く緑色になっているのがわかりますか?

非鉄バインダーは色付きなのでどこに塗ったか、塗り残しはないかが一目でわかるようになっています^^

すぐに乾くので乾いたらペンキ塗りをします^^

 

 

 

 

扇風機ペイントを成功させるコツ

スタッフオオウラです!

扇風機のペイントを成功させるコツをご紹介しますね、

まず、下処理です。いきなりペンキは塗りません。

320番の紙やすりで研磨します。

20160524_052648000_iOS

羽も。丁寧にパーパーをかけます。

 

20160524_053941000_iOS

本体ももちろんです。

細かく入り組んでいたりで途中で嫌になってくるときもあるのですが^^;

根気よく研磨しましょう!!

 

20160524_054552000_iOS

 

もちろん、カバーも同じです^^

この下処理で仕上がりや塗料の密着性にも違いが現れます^^

 

 

頑張りましょう!

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

instagram