タカラ塗料のブログ

塩ビパイプを男前にアイアン風に塗り替える方法とテクニック

スタッフオオウラです!

塩ビパイプを男前にアイアン風に塗り替える方法とテクニックを連載しています^^

 

テクスチャで、表面に凹凸感ざらざらな質感を塗っていきました。

夏場、クーラーで冷えた室内で扇風機を強にして乾燥させると、約10分で乾きました。

 

つぎに、アイアン風に見えるペンキ「ブラックスケールメタリック」でペイントしていきます。

こんな風になりますよ!

DSC09228

DSC09230

 

下地塗りと、テクスチャ塗りの工程を経てからの、アイアン塗装はめちゃくちゃ楽しいです!

 

ほんとにアイアンに見えてくる瞬間は「私にも出来た~!」と感動です^^

 

DSC09231

 

次はいよいよ、錆エイジングに入っていきます^^

 

テクスチャーグレー・・・http://howtopaint.gallery/?pid=105661289

ブラックスケールメタリックを使った事例ページ・・・http://howtopaint.gallery/?pid=95923771

お楽しみに!

 

 

塩ビパイプをかっこよくアイアン風にペイントしていく塗り方とテクニック

スタッフオオウラです!

前回の続き行きますね、

非鉄バインダーが乾いたら、表面をざらざらにする魔法の粉入りテクスチャを塗っていきます。

DSC09212

スポンジで、凹凸感を出したい部分に塗っていきます。

私は錆びエイジングペイントをする時に参考にするのが、

DSC09010

本物の錆びです。

良く観察してみると、ざらざらしていますね、そして、良く錆びる部分もわかってきます。

 

テクスチャのボトルが写っている写真も載せておきますね!

DSC09211

DSC09213

スポンジの塗り方ですが、トントンと置くのとはちょっと違って、跳ねる感じで、叩きます^^

ピアノでいうとスタッカートのような手つきです。

すると、ペンキに角がたって表面にリアルな立体感が出ます^^

 

 

DSC09214

 

はい、テクスチャが塗れました^^

 

コンクリートエフェクトシリーズテクスチャ・・・http://howtopaint.gallery/?pid=95428780

続きは次回!

 

 

 

塩ビパイプを男前にアイアンに風に塗り替える

スタッフオオウラです!

では、塩ビパイプを男前アイアン風に塗り替えていきますよー^^

まずは下地処理です。

プラスチックにペンキを塗っても時間が経つと剥がれてきてしまいます。

タカラ塗料がお勧めしている「非鉄バインダー」という下地塗料を塗ると、ペンキが剥がれにくく、持ちが良くなるのです。

非鉄バインダーの前に150番~320番ほどの細かいペーパーで研磨してくださいね。

研磨すると、粉が出ます。

粉を布やウエスで拭き取っておきましょう!

DSC09205

DSC09207

そして、非鉄バインダーを塗ります!

DSC09208

こんな風に、緑色をした油性です。

 

油性なので匂いがします、

必ず、換気をしながら塗ってくださいね!

 

続く!!

 

 

 

 

 

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

instagram