タカラ塗料のブログ

タカラ塗料外観リニューアル!2016・・・大看板編

こちらの大看板はどうやって描かれたものなのか?!


こちらはなんと手描きです。

今回は看板に印刷は一切使わず、手描きにこだわりました。
それもやはり印刷より手描きの看板のほうが長持ちすること。
また劣化しても手描きのほうがいい味を残しながら劣化すること。

それの良さを皆さんに知ってもらうという目的がありました。

そこで以前にこの看板を描いてくれましたライさんに今回もお願いしました。

紙を当てて下書きを描いていきます。
ライさんはかなり丁寧な方で、しっかりと下書きをしていきます。


マスキング。

この棒はサインぺインターが腕を固定するために使うものみたいです。
僕もこのとき初めて見ました(小さいものの時は使わないそう)


現在看板はほとんどが印刷で、いわゆる書き文字屋さんはほとんどいなくなっているそうです。
海外ではまだまだサインぺインターさんはいらっしゃるようですが、日本では少ないようです。

もしライさんにお仕事の依頼があれば当店まで!!

年末年始休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ
2016年12月29日(木)~2017年1月4日(水)の間、まことに勝手ながら休業とさせていただきます。

年内のご注文受付は12/27、出荷は12/28までとさせていただいておりますが、商品によっては年末の出荷が難しい場合があります。
ご注文はお早めにお願いします。

また休業明け受注確認メールや商品の出荷、お問い合わせメールの返信につきましては、1/5より順次対応させていただきます。
またご注文が込み合うことも予想されますので、通常よりも納期がかかる場合があります。
ご不便をおかけしますがなにとぞご了承ください。

タカラ塗料外観リニューアル!2016・・・モールディング取り付け編その2


本日はこちらにモールディングをつけて・・・


こうなったお話。

これらのモールディングはするかどうか考えていた、またはつけるとしても自分たちでつけようと思っていたので後回しになっていた部分です。
また工事が雨であまりにも進まないので、その間にここも、ここもとつける箇所が増えてしまいました。

そしてなかなか大型で、屋外でもつけられるモールディングとなると、なかなか手に入らないようです。
こんかいはみはしのモールと、ファイポンという海外製のモールを組み合わせてつけていきました。


まず下部の部分を取り付けていきます。

 


上部も取り付けるとこんなにゴージャスに。
隙間やねじ穴は後でパテで埋めます。

大型の看板も最初は何もする予定がなかったのですが、ファイポンのモールでいいのを見つけたので、額縁みたいにモールをつけることにしました。




結構早い段階でつけたのですが、足場のカバーでなかなか全貌見えず、やきもきしました。

中段部分のモールディングの取り付け風景を動画にしています。
かなりマニアックなものですが、お暇なら見てみてくださいませ。

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram