タカラ塗料のブログ

京都美術工芸大学の学生へ塗装レクチャーを行いました

京都美術工芸大学・建築学科の生川教授が顧問を務める、建築まちづくりサークル「KYOBI建築研究会」。今熊野学生移住促進プロジェクトとして、空き家の改修を学生たちと一緒にDIYで行っていらっしゃいます。

空き家の改修を進めるなかで、劣化した壁紙を新しく張り替えることを検討されていたようですが、壁紙に直接塗装ができることをお知りになり、タカラ塗料へご相談がありました。

まずはTAKARATORYO京都髙島屋S.C[T8]店にお越しいただき、色選びのアドバイスと塗装体験をしていただきました。

タカラ塗料オリジナルカラーの中から選んだ色は、アーモンドジェリー・ピスタチオ・ハニーキャロット・チェダーチーズの4色です。

「優しい印象の白色・アーモンドジェリー」をメインに、各部屋「ピスタチオの緑」「チェダーチーズの黄色」「ハニーキャロットのオレンジ」でアクセントを付けるとのこと。学生らしい、明るく溌溂としたお部屋になりそうですね。

塗装を体験していただいた際は、「塗りやすい!」「楽しい!」といったお声を聞くことができました。

そして、6/15に塗装レクチャーを行いました。参加されたのは4年生3名と1年生4名の計7名です。

塗装プランのヒアリングから始めて、マスキングの仕方や塗料の混ぜ方、下地剤を塗装する理由、きれいに塗装するポイントなど細かく説明させていただきました。

後から来られた1年生4名へは4年生にレクチャーをしていただきました。しっかりとメモを取りながらスタッフの指導を聞いてくださっていたので、レクチャーはばっちり。今後学生の皆さんだけで塗装を進めていく際も安心です。

残念ながら、この日目標としていた一部屋仕上げるというのは時間の都合上叶わなかったのですが、劣化して変色していた壁紙が塗装でどんどんきれいになっていくのを目の当たりにして、充実感は感じていただけたのではないかと思います。

今後、他の部屋も順次塗装していく予定とのことです。

また、部屋のほとんどのものを塗装できることを伝えると、ふすまも塗りたい! 窓枠サッシも塗りたい! と意欲的に話してくださいました。

学生たちが考えた塗装プランでこの空き家がどんな変化を遂げるのか、タカラ塗料としてもとても楽しみです。

タカラ塗料でも塗料で古家を再生させる「ペイントリノベ」を事業として進めていますが、このような活動を通じて、空き家が塗料で再生できるということがどんどん広まっていくことを望みます。

▼タカラ塗料の古家再生「塗料屋さんが昭和な古家をペイントDIYでおしゃれにリノベ」ブログはこちら▼

ブログ

タカラ塗料について

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。
塗料の販売、塗料の色を合わせる調色、オリジナル商品の開発、全国へのインターネット通販を行っております。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

日塗工番号で色を指定して塗料作成する調色屋
タカラ塗料カーペイント 車の刷毛塗り全塗装
タカラ塗料公式ストア