タカラ塗料のブログ

第24回ロハスフェスタin万博公園出展の裏側・・・店舗外観看板編

外観の骨は単管パイプで組み、外壁と看板はベニヤ板で張り付けていきます。
張り付ける方法は垂木止め金具を使い、つけていきます。

出来上がりイメージはこちら。

image

イラレで書いたものです。

主にデザインはロンドンにある塗料屋さん。
ゆくゆくタカラ塗料のお店が目指すイメージを、一足早くロハスフェスタで実現します。

モールディングもトリマーでいちいち作っていては、と思い、みはしという会社のモールディングを大量に購入して張り付けていきました。

2015-10-29-11-01-10 2015-10-30-18-58-24 2015-10-30-18-54-47

これらを木に見えないように砂入りの塗料で石っぽくしてから、当店の外壁カラー、エントランスグリーンを塗っていきました。

2015-10-31-15-17-10 2015-10-31-15-17-17 2015-10-31-15-17-02

また外壁、看板以外にも、ロハスフェスタには子供連れのお客さんが多いので、自慢の塗料のお勧め色を使った黒板タワーを作成しました。

2015-11-04-22-07-05

これはできてのお楽しみ。

 

看板は大浦さんがほぼ組み、みんなで文字をステンシルしていきました。

2015-11-02-14-47-30 2015-11-02-18-38-02 2015-11-05-14-06-18 2015-11-04-22-06-00 2015-11-04-22-06-58

ステンシルも紙では大変なのでプラ板で作成。

ステンシル文字では看板としてかっこがつかないので、文字を分断している部分もいちいち手で塗りつぶし。

完成したのはロハス出展の数日前でした。。

2015-10-28-18-02-19

 

ほかにも基本色全色が見れる看板をA看板タイプと特大看板タイプの2種を作成。
スタッフが遅くまでかかって作成してくれました。

第24回ロハスフェスタin万博公園出展の裏側・・・店舗外観のこと

外観も目立つものにしなければなりません。

ロハスフェスタには企業(協賛)出展枠と一般出展枠があり、今回我々は企業出展枠で出ることになります。
本当は企業というほど企業でもないし、一般狙いだったんですが、うちは企業扱いだそうで・・・

しかもその出展料たるや一般の数倍なのです。中古の軽自動車のまあまあのやつぐらい?
値段聞いたときは一度はあきらめました。。

しかしいっぺん大失敗してもええやん!みたいな気持ちでやりたい気持ちが募り、出店することにしました。

で、一般出展との違いもたくさんあるんです。

下記ロハスフェスタ運営からの引用です。

————
*サービスや活動のPR行為。
*社名・物件名入りスタッフユニフォーム、T シャツの着用。
(イベントの雰囲気にあうものをご用意ください。)
*アンケートの取得。
*ブース前通路までの範囲でのチラシ等の配布。
*物件名入りの風船など、販促物の手渡し。
*ブース内イベント向けへの、マイク・拡声器の使用。(音量にご注意ください)
*液晶モニターの設置。外に向けての設置も可能です。
*テント横幕外側へのビジュアルの掲出。
(テント横面、3.6mの辺のみとさせて頂きます)
————

など、できるようです。
つまり一般出展の方は看板を出すのもフライヤー配るのも控えめにしないといけないんですが、企業として出店する場合は宣伝活動を大々的に行えるのです。

それならがっつりやらないとうちみたいな知名度の低いお店は素通りされてしまいます。

ということでいろいろプランニングしていたのですが、出店する秋ロハスの前の視察時の春ロハスではこのようなお店がありました。

cimg4455 cimg4451 cimg4882

テントを木で覆ってしまってる!

ちなみに一般的な店舗はこんな感じ。

%e3%82%8d%e3%81%af%e3%81%99

やるならこれぐらいしないと。。。

企業出展枠では、テントの屋根付近まで看板を上げることが認められるのです。
でも当店には男手は僕を含めて2人、あとはか弱い女性スタッフ5名のみです。
ですので組むのも簡単に、少人数で早く組めなくてはいけません。

そこで目を付けたのが単管パイプ。
そう足場を組むパイプです。これを組めば早く組めるし頑丈。
これに看板や外壁を盛り付けていけば即席店舗の完成です!・・・と簡単にはいきませんよ。

初めての大型イベント。

しかもこんな看板くむ。。

やりたいことは増えていく。。

第24回ロハスフェスタin万博公園出展の裏側・・・什器を作っていく編

いちいち細かく設計をして、木を調達。

本ブログのライターでもあります大浦さんと什器を作ってまいりました。
大浦さんは木工教室に通い、自分で机を作って販売し、自分で額縁をつくって販売しています。
彼女無しではこの什器づくりはあきらめざるを得なかったでしょう。
というか彼女ありきの什器づくりです。

2015-10-20-19-00-11

基本的にはモールディングモリモリで分解できる構造にしました。

ただカウンターだけは一から作る時間が無かったので、店舗で使っているカウンターを盛ることにしました。
しかしこれがかなり重たいものになってしまいました。

2015-11-03-22-04-51

カウンターにつける装飾の作成

 

2015-11-03-22-41-45

板を貼ったりして・・・

2015-11-03-22-53-26

豪華なマントルピースのようなものができる。

それを既存のカウンターにつけて完成。

dsc05958

dsc05959

普通の木の板にのっているより、商品がよく見えれば成功です。

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram

Sorry:

- Instagram feed not found.