タカラ塗料のブログ

店内DIY看板作りズレずにビスを打つコツ

タカラ塗料スタッフオオウラです

「店内看板作りDIYズレずにビスを打つコツ」と題しまして

 

前回含侵シーラーを塗った材を乾燥させたら、接合していきます!

固定した部分に線を引き、ボンドとビス打ちで固定しますが、なんせお店の看板なので、前面にビスの跡を見せるわけにはいきません

裏から板を固定したいのです。

すると、線の通りに材を固定した!と思っていても、裏からビスを打つときに、ズレている可能性もあります。

ズレずに引いた線通りに打つコツとしては・・・

dsc00425

 

ボンドは全体的に平に均一に塗ります。

 

 

dsc00427

クランプで材料を合わせて、両端を固定するととってもやりやすいですよ。

これなら、両手が開きますし、なんといってもズレずにビスを打つことが出来るのです^^

 

そして、こちら、屋外に設置するお店の看板なので、隙間をコーティングしておきます。

dsc00429

 

明るくて、見にくいかもですが、材と材の隙間をコーティングしました。

 

 

さ、どんどん作っていきます!

 

 

 

 

 

DIYモールディング材作り下地材の含侵シーラーを塗る

スタッフオオウラです!

だんだん寒くなってきましたね!

乾燥も早い時期です!

本格的に寒くなってペンキ塗りがおっくうになる前の今が思い切って、塗り時ですよーーー!!!

DIYペイントに挑戦されたお客様が送ってくださった事例をまとめたページはこちらです。

あなたのヒントになれば幸いです^^

http://howtopaint.gallery/?mode=cate&cbid=2020333&csid=0

 

さて、

前回トリマーで作ったモールディング材をペーパーで整えていきます。

150番を使用しました。

 

dsc00420

 

次に、「含侵シーラー」を塗ります。

 

*含侵シーラーって何??詳しくはこちらです・・・http://howtopaint.gallery/?pid=92613032

dsc00418

 

 

下地材・含侵シーラーを塗ったのが右、塗る前は左です。

含侵シーラーを一度塗り、毛羽立ちをペーパーで整えてから、2回塗りをします。

dsc00421

 

こちら含侵シーラーは水性で、ペンキよりもシャバシャバしていて、よく浸透していきますよ^^

 

 

 

 

DIY記お店の看板作りトリマーでモールディングを作る編

スタッフオオウラです^^

材料にどんどんトリマーをかけていきます!!

材料の木材は、加工性に優れたパイン集成材です。

厚みも18ミリと、家具には程よい厚みがあり、カットしやすい柔らかさ、節もないのでとっても使いやすいです。

 

 

 

 

 

dsc00392

 

 

 

次にタカラ塗料のカラー「エントランスグリーン」で塗装をしたサンプルの四角い部分のパーツを作っていきます。

こちらですね、

 

 

 

 

 

dsc00415

 

この四角を60個以上カットしなければならないので、丸のこでカットしていきます!

あれ?

 

dsc00416

 

あれ?

 

「ようかん」「えぐる」と書いた跡。

これが社長のミッションです!!^^

dsc00417

 

社長の中では四角いパーツは「ようかん」

トリマーで削る部分には「えぐる」

 

それだけの指示なんですー^^

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram

Sorry:

- Instagram feed not found.