タカラ塗料のブログ

アメリカの塗料販売事情視察ツアー2018・・・コンセントが多い

ちょっと突っ走り気味で週に2回ぐらいアメリカ視察のお話を書いておりますが、ここで閑話休題。

なんか変だなと感じて観察していたらやはりそうでした。
コンセントが多い。。。




ホテルのビュッフェが出るところ。


空港。


バスの中にもコンセント


空港。こんなにも使う?また水平とれてない。。。

 

こんな感じです。
おわかりいただけましたでしょうか??

アメリカの塗料販売事情視察ツアー2018・・・日本のホームセンターとの違い

日本のホームセンターは皆さんよく知るホームセンターですよね。
その中でも大阪のほうにはコーナンというホームセンターがあり、そのコーナンにもコーナンPROというプロ向けショップがあります。

アメリカのホームセンターは、いわゆる想像するホームセンターではなく「ホームインプルーブメントストア」となっており、どちらかというとコーナンPROのかなりおっきい版、でした。


スゴイ広い店内。

この中に家一軒建てられるほどの資材が販売されています。
ちなみに日本のように日用雑貨は置いておらず、思いっきり建物に関連するものだけ、です。すごい。

照明だけでこの量。シーリング的なものはものはなく、つるものが多いですね。

 

手の届くところが陳列で、上のほうが在庫置き場的な扱い。


このはしごで上のものをとるのでしょう。

 



タイルなどもこの量。
これだけホームセンターで見れたら家を買うまえなどに勉強できますね。またDIYしたくなっても自分の好みを定められますね。


おすすめトイレ。


ベニヤがデカい!サブロクではなくシブハチっぽいです。

そしてこちら塗料の注文を承るカウンター。
こちらについてはは次回!

 

アメリカの塗料販売事情視察ツアー2018・・・ホームオーナーアソシエーションについて

アメリカにはホームオーナーアソシエーション(HOA)という住宅地を管理する会社があります。
この会社が住宅地の資産を守ります。

家は資産!というイメージが強く、売ることを念頭に置いて維持しようとします。
実にアメリカ人は3回家を買うそうです。
自分の住所を入れたら値段がわかってしまうサイトがあるそうで、上がっている下がっているがわかり、売り時を逃さないそう。

まず宅地は日本でいうニュータウンのように開発されます。
そして将来的には何万戸たつという計画があり、その街には規模により住民が無料で使える公園やジム、プール、テニスコートなどがあり、さらには商業施設や学校まで用意されます。
だから買うときは家そのものだけ買うというよりは周辺環境まですべて買うというイメージです。

建売。住宅メーカーが決めた4種類ぐらいの間取りから選ぶ。そのあとはオプションで値段が変わる。
外壁の色などはきめられている組み合わせの中からきめます。

そして買った後はマンションの共益費のようにHOAに毎月1万円ぐらい~(地域による)を払い、施設や歩道などを維持します。
さらにHOAは定期的に巡回し、主に景観を損なうようなことをしている家に是正勧告をします。

たとえば芝がちゃんと手入れされていない、停めてはいけないところへの駐車、植え込み、外壁の色などです。
それに従わない場合は強制的に直してしまう権利を持っており、請求書が家に届けられます。

さらにそれを払わない、共益費などを払わない場合は強制退去通知まで出す権利があるそうです。

このHOAあり物件のとなし物件があるそうですが、HOAありのほうが環境が整えられやすいため地価も上がりやすいそうです。
管理されているみたいで窮屈に感じそうですが、町並みはすごく維持されます。

またHOAは外壁の色も決めているので、外壁の色を変えたい場合はHOAが決めた色を塗ります。
その色も塗料メーカーのHPから確認できてしまうそうです。

参考 シャーウィンウイリアムスの各地のHOA物件の色を検索できるサイト
https://www.sherwin-williams.com/homeowners/color/find-and-explore-colors/hoa
この色で日本の建物を塗っても面白そうですね。

ちなみにこのHOAのようなものっていうのが日本にもありまして、北海道のスウェーデンヒルズという宅地があります。
前にテレビで見たことがあったのですが、ここにもやはりいろいろ決まりがあるそうです。

スウェーデンの人は壁で家を囲わないので壁を作ってはいけないとか、カーテンをつけてはいけないとか。。
その暮らしが好きな方が集まって暮らしている地域です。

ちなみにHPから中古物件を検索できるのですが、さっき見ましたら築28年で2400万ぐらいでした!高い!でもとてもきれいな町並みで行ってみたい!
サイトはこちら
http://www.swedenhills.jp/index.html

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram