タカラ塗料のブログ

タカラ塗料外観リニューアル!2016・・・袖看板編

2016-09-03-09-07-58cimg8600

外装リニューアルを急いだ原因の一つに袖看板の劣化があります。
ある日看板を見ると、ペンキと書いてあるところの「ぺ」がどこかに行ってしまい、「ンキ」になっておりました。
そこから真剣に考え始めてプランを組んだ次第です。

2016-09-03-14-07-29
反対側も色が褪せてしまっています。

どうせやるならこの袖看板もかっこよくしたい。

当初は外してしまうことも考えました。
ヨーロッパにあんまり袖看板ってなさそうですし。。
しかし外してしまうのもコストのかかることですので、いっそのことモールディングを取り付けて、文字も箱文字にしようと考えました。

調べてみると箱文字を作ってもらうのも意外と高いそうでした。
うんうんと悩んだところカルプ文字が頭に浮かびました。
カルプ文字とは看板屋さんがよく使う立体的な切り文字で、スポンジのようなウレタンをプラスチックでサンドした軽くて長持ちするものです。
結構塗料屋は「こんなものにぬれるのか?」という問い合わせをよく受けているので、いろんな素材を知っているのです。

で、カルプ文字をそのまま貼り付けるとカチッとしすぎている。
40年前に作った真鍮の箱文字が劣化してるけど輝きを保ちながら・・・みたいなストーリーをつけ、カルプ文字をエイジングしていきます。

2016-09-14-16-12-002016-09-14-16-12-25

角がしっかり出ているので、角をやすりで落としました。

その後当店のオリジナル色、アンティークゴールドで塗装。

2016-09-29-11-51-01

そこからさらにオリジナル色、ビターチョコレートでエイジング。

2016-09-29-11-51-09

最後にUVカットクリアで保護して終了。

2016-09-29-12-03-39

ちなみにモールディングはまたもみはしで購入し、大工さんに着けていただきました。

cimg8649

塗装後、カルプ文字を作っていただいた業者さんで下書き用の紙を印刷してくれているのでそれを貼り、回転して点々とカットできるカッターでゴロゴロして位置を看板に転写。

2016-11-01-15-29-30
41pvhxi3hel__sl1000_
これがゴロゴロするカッター。
ただロゴの雷鳥部分は細かいのでカーボン紙を裏に置きなぞりました。
・・・と簡単に書きましたが、下地色のエントランスグリーンは色が濃いのでしるしが見えにくく苦労しました。

下書きが終わったら両面テープとコーキング剤で貼り付けていきます。
結構しっかり引っ付きます。

完成はこちら。

2016-11-09-16-23-062016-11-02-16-55-14
2016-11-09-16-53-39new%e3%82%bf%e3%82%ab%e3%83%a9%e5%a1%97%e6%96%99_992 2016-11-29-20-17-35

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram