タカラ塗料のブログ

DIYお店の看板に切り文字が入ります

この切り文字の数々、一体何に使うのでしょう?!

dsc09849

これは、大看板に張り付けるのです

 

TAKARA TORYOの切り文字です。

表面がプラスチックで、中身は発泡スチロールのようにとても軽い素材です。

なので、足付けして、非鉄バインダーを塗って、ペンキの密着性をよくします。

dsc09820

 

dsc09825

そして、アンティークゴールドをスポンジで塗っていきます。

 

社長からの指令は

「長い月日がたった時のような味のある文字にしてね」

 

です。

 

 

なのでこの文字にもエイジングをしていきます。

こんな風に、ごっそりと、削り取りました。

dsc09833

 

傷もつけました^^

 

さ、どんな風になっていくのでしょうか?!

 

 

 

 

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram