タカラ塗料のブログ

紙をエイジング日に焼けた古い味のある風合いに

お待たせしました!

コンガリーを使って、新しい紙でも時が経ってビンテージ、アンティーク感のような風合いの紙ものを作っていきます!

前回の続きで、まず一色目の① カンガルーベージュで全体にベースとなる色付けをしましたね

 

DSC09354

 

 

次に2色目②キャメルオーカーを重ね付けします。

DSC09359

オレンジっぽい色ですね。

 

こちらは、少量です、ほんの少量づつ、水で薄めながら様子を見て、紙の周りにぼかすように、ベースのカンガルーベージュと馴染ませるように、

重ねます。

 

DSC09365

 

ちょっと濃いかなと感じたら、スプレー水で薄めていきます。

DSC09364

 

 

乾いたら、次は仕上げの焦げ茶色  ③オーストリッチブラウンです!

 

 

 

 

 

 

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram