タカラ塗料のブログ

塩ビパイプの錆エイジング方法

今回は「塩ビパイプをアイアン風にペイントした後錆エイジングペイントをしていきます!」

 

 

錆エイジングの工程とペイント方法についてをまとめますね^^

DSC09397

 

 

今回はスポンジではなく、使わなくなったタオルを使ってみましょう!

タオルは使いやすいように小さくカットします。

DSC09384

★タオルを使う良さは・・・生地に細かい凹凸があるので砂のような細かい錆びを表現し易い点です

 

① タカラ塗料オリジナル錆エイジングセットのブラウンラストをタオルに少し取り、水で(霧吹きが便利)薄めながら、トントンと乗せていきます。

DSC09386

 

DSC09387

 

濃い部分と、もっと水で薄めて薄付きにする部分を作ると、立体的な本格的錆びが出来ていきますよ。

 

 

この続きは次回へと続きます!

次回は錆エイジングセットのイエローラストを塗っていく工程です^^

ご挨拶

当店・株式会社タカラ塗料は昭和24年から続く塗料店です。 先代社長(僕から見ると祖父)はもともと日本ペイントで技術として働いていて、その後タカラ塗料を発足させました。

オリジナル商品

当店では、お客様との距離が近い分、 「こんな塗料が欲しい!」 「あんな商品があったらいいな」 というご意見を多数お聞きします。 それを叶えるために、色々とお調べしまして既製品を探すのですが、存在しないことも多々あります。 無いなら作ってしまえ!ということで、他のお店には無いオリジナル商品が多数あります。 そんな商品をご紹介します。

  • セメント風塗料材

  • チョークボードペイント

  • エイジング塗料のコンガリー

  • サビ風塗料

Instagram